読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インド バンガロールに赴任することになりました。まずは予防接種

こんにちわ。やましん と言います。

2017年4月からインド、バンガロールに赴任が決まりました。家族(妻、子供3人)を伴っての赴任の予定です。現在、仕事と並行して、赴任の準備、家族の渡航手続き、住まいや学校の調査など、てんやわんやの状態です。

 

バンガロールで家族で赴任し、新生活に備えて何をすれば良いのか、ウェブを見てもなかなか家族での赴任に関する情報が少ないと感じています。自分の備忘録を兼ねて、これから私と同じような家族で赴任する人にとっても、役に立つ情報になればと思いブログを始めることにしました。

準備や手続きのこと、現地での生活のことなど、これからアップしていきたいと思います。

まずは、予防接種について

先日、予防接種を受けて来ました。日本国の在インド大使館のHPによれば、赴任者(同行するも家族も)は以下6つの予防接種が推奨されています。

参照:Embassy of Japan in India: Medical

  ・A型&B型肝炎

  ・破傷風

  ・日本脳炎

  ・腸チフス

  ・狂犬病

このうち、日本脳炎狂犬病はワクチンの供給が少ないそうで、赴任が決まりましたら早めに病院に手続きが必要です。また、腸チフスは国産のワクチンが存在しないそうで、現状(2017年)ではすべて輸入ワクチンになります。これも早めに病院に依頼する必要があります。

今回は、「腸チフス」を除く5種類の予防接種を受けて来ました。

摂取はあっさり終わりました。静脈注射は一つもなく、筋肉注射(肩周辺)と皮下注射(二の腕周辺)に打ちました。これは個人差が出るところだと思いますが、腕の腫れもなく、気持ち悪くなることもありませんでした。

予防効果が出るためには1か月後にもう一度摂取する必要があるので、赴任前にそのことも含めて早めの準備が大事です。次は3月初旬に行ってきます。

 

f:id:tahichiyama:20170205230657j:plain